メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

「ポスト安倍」不在露呈 総裁任期延長

自民党総裁任期の推移

 自民党が5日、総裁任期を延長する方針を固めたことは、安倍晋三首相に対抗できるだけの有力な「ポスト安倍」候補者が見当たらない党内情勢を浮き彫りにした。この日の議論でも反対意見は全く出ず、自民党内でも「安倍1強」は当分続きそうだ。

 「反対だという意見は出なかった」。同党の「党・政治制度改革実行本部」本部長の高村正彦副総裁は5日の会合後、記者団にこう語った。

 会合では「今後の国益を考えた時に総裁任期の延長が必要ではないか」など任期延長への賛成意見が出され、「期数制限は撤廃すべきだと考えている」(党熊本県連)、「(党則)改正する方向で進めていただきたい」(茨城県連)など各都道府県連から寄せられた賛成意見も紹介された。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです