配偶者控除

存続の公算大 適用範囲を拡大…政府案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
配偶者控除の年収上限引き上げ案のイメージ
配偶者控除の年収上限引き上げ案のイメージ

 2017年度の税制改正議論の焦点となっている配偶者控除の見直しを巡り、代替策として検討されてきた「夫婦控除」の導入が先送りされる公算が大きくなっている。増税となる世帯が多く、世論の反発や制度作りの難航が予想され、政府・与党内で慎重論が強まっているため。政府内では現行の配偶者控除の年収制限を引き上げて適用対象を拡大する案が浮上しており、配偶者控除の見直しは今後、対象拡大を軸に検討が進む見通しだ。

 新たに浮上した案は、年収103万円以下で働く妻を対象にした配偶者控除の適用範囲を拡大するというもの。範囲の拡大による税収減を防ぐため、控除を受ける夫の年収に上限を設けることなども検討する。適用範囲を巡っては「年収150万円程度」(政府関係者)との主張があり、引き上げ幅が焦点となりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文918文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集