メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローソン

18年に銀行 三菱UFJと準備会社

 コンビニエンスストア3位のローソンが、2018年に銀行事業への参入を目指すことが5日、分かった。11月に三菱東京UFJ銀行と準備会社を設立する。金融サービスの強化で集客力や収益力を向上させることで、店舗数など規模で劣るライバルのセブン−イレブン・ジャパン、ファミリーマートに対抗する考えだ。

 準備会社にはローソンが95%、三菱東京UFJ銀行が5%出資する見通し。準備が整い次第、銀行免許取得を金融庁に申請する。流通大手の銀行は、既にセブン−イレブンを傘下に置くセブン&アイ・ホールディングス(HD)のセブン銀行、イオングループのイオン銀行があり、ローソンが設立すれば、3例目となる。

 ローソンは現在、全国約1万2000店の9割に当たる約1万1000店に現金自動受払機(ATM)を設置。提携する約80銀行の預金引き出しなどに対応している。ただ、自前で銀行を展開するセブン&アイHDやイオンに比べ手数料収入などが少ないため、昨年から銀行事業への本格参入を検討してきた。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  5. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです