前橋市

「給食でうどん食べたい」要望多く、小中で再開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
おいしそうにうどんを頬張る児童たち=前橋市文京町3の前橋市立天川小学校で2016年10月5日午後0時32分、吉田勝撮影
おいしそうにうどんを頬張る児童たち=前橋市文京町3の前橋市立天川小学校で2016年10月5日午後0時32分、吉田勝撮影

アレルギー対策 そば扱わない製麺業者の選定で解決

 前橋市の小中学校で5日、うどんなどの麺類が1年半ぶりに給食メニューに復活した。

 前橋市教委によると、うどんやラーメンと、そばの製造ラインが分かれている製麺業者が2015年3月に学校給食事業から撤退。アナフィラキシーなど重い症状を発症しやすいそばアレルギーを防ぐため昨年4月から提供を中止していた。しかし、児童・生徒らからうどんやラーメンの提供を望む声が多かったため、市教委は新たな業者を募集。そばを扱わない地元製麺業者を選定した。10月中に全ての市立幼小中と特別支援学校で順次、うどんとラーメンを提供する。

 この日は、市立小中14校にうどん約5300食が提供された。市立天川小(前橋市文京町3)では、児童たちが県産小麦100%使用のうどんを五目汁に入れて、おいしそうに頬張った。3年生の中林澪里(みり)さん(8)は「うどんはおいしい。いつものご飯と違って、つるつるしていて食べやすい」と1年半ぶりの食感を喜んでいた。【吉田勝】

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文701文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集