アサギマダラ

海を渡り花の蜜求めて乱舞 六甲高山植物園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オタカラコウの蜜を吸うアサギマダラ=神戸市灘区の六甲高山植物園で、幾島健太郎撮影
オタカラコウの蜜を吸うアサギマダラ=神戸市灘区の六甲高山植物園で、幾島健太郎撮影

 神戸市灘区の六甲高山植物園に、海を渡って旅をする大型のチョウ「アサギマダラ」が飛来している。園内にはアサギマダラが好むオタカラコウやフジバカマが植えられており、花の蜜を求めて乱舞する様子が楽しめる。

 あさぎ色(青みを帯びた薄い緑色)の羽を広げた大きさは約4〜6センチ。越冬のため北海道や東北地方など…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文263文字)

あわせて読みたい

ニュース特集