メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

水害対策 スマホや携帯に洪水情報を送信

ホットラインで国土交通省下館河川事務所長と連絡を取り合う神達岳常総市長(中央)=茨城県常総市の水海道総合体育館で2016年9月5日

茨城県常総市などで 国交省「住民目線のソフト対策」

 近年、大雨による水害が各地で相次いでいる。昨年9月には鬼怒川の氾濫により茨城県常総市などで大きな被害を生んだ関東・東北豪雨があり、今年も岩手県岩泉町で小本川が氾濫し、グループホームにいた多くの高齢者の命が奪われた。国土交通省は昨年12月に「水防災意識社会再構築ビジョン」を策定し、ハード面の整備だけでなく、「住民目線のソフト対策」を掲げた。リスク情報を住民に伝え、災害時に避難などの自主的行動をうながす取り組みで、スマートフォンや携帯電話の洪水情報の「プッシュ型配信」など新たな手法も取り入れている。

 洪水情報のプッシュ型配信は、9月5日から常総市と愛媛県大洲市で先行的に始まった。常総市は鬼怒川、大…

この記事は有料記事です。

残り2166文字(全文2492文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ミスド元アルバイト男性が不適切動画 食材触れる
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ニッポンへの発言 キーワード 山口真帆さんへ=中森明夫
  5. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです