メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

日銀 量より金利へ「新しい枠組み」発表

記者会見する日銀の黒田東彦総裁=東京都中央区の日本銀行本店で2016年9月21日

「異次元の緩和」挫折 検証すべきはインフレターゲット論

 量的緩和と呼ばれる手法で大規模な金融緩和策を進めてきた日銀が、9月下旬に開いた政策決定会合で、これまでの政策効果を検証する「総括的な検証」を行い、併せて「新しい枠組み」を発表した。市場に流すお金の「量」を重視する政策から「金利」を軸とする政策に転換するというのが、日銀が示した新たな方策だ。ただし、金融調節のターゲットを金利とするのは、伝統的な手法への回帰でもある。3年半前に日銀総裁に就いた黒田東彦氏が推し進めた「異次元の緩和」の挫折は明らかだ。

 バブル崩壊後の経済低迷を脱するためにはどうしたらいいか。金融政策をめぐる論議は、20年ほど前から続…

この記事は有料記事です。

残り2265文字(全文2567文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  3. あおり運転 イラッときたら怒声器に 大分の僧侶開発
  4. 京都府警 あおり運転、ヘリで監視 高速道、パトと連携
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです