メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外吉本興業、宮迫さんとの契約解消

 ある冬の夜、伊ミラノ郊外でひき逃げ事故が発生した。そこに至るまでのさまざまな男女の人間模様を4章構成で描く。主な登場人物は、無謀な投資話に大金を投じるしがない不動産業者ディーノ(ファブリツィオ・ベンティボリオ)、夫や息子との関係が冷めている資産家の妻カルラ(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)、ディーノの娘で激しい恋を経験する女子高校生セレーナ(マティルデ・ジョリ)。

 マネーゲームで荒稼ぎする富裕層や、心のよりどころを求めてさまよう若者らの人生が交錯する物語は現代社…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文486文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです