メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車

F1 日本GP きょう開幕 子どもらピットを見学 選手らと笑顔で交流 /三重

激励を込めて手作りした、だるまを手にピットを訪れる桜島小学校の児童たち=鈴鹿市の鈴鹿サーキットで

 F1日本グランプリ(GP)が7日、鈴鹿サーキット(鈴鹿市稲生町)で開幕する。前日の6日、ピットを歩いて組み立て作業などを見学する「ピットウオーク」があった。鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会の呼び掛けに応じた市内の7小学校の児童460人を含む約7000人が参加し、選手やピットクルーと交流した。

 桜島小学校の114人は、マクラーレン・ホンダなどのピットを見学。メールで交流するウィリアムズチームのピットも訪れ、「全」…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです