メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソーセージ

イカ入り開発 「いかにも」函館の新名物に

新たに開発された「いかにもソーセージ」=函館市で2016年10月5日、遠藤修平撮影

 北海道函館市の食肉卸・加工業「牛肉センター」が、特産のスルメイカ入りの「いかにもソーセージ」を開発した。11月から発売予定で、成田雄一社長(49)は「新しい名物にしたい」と意気込む。

 同社の職人が1本ずつ手作りしているが、開発ではイカの食感を残すために豚肉との割合に苦心。試作を数十回繰り返し、従業…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです