ソーセージ

イカ入り開発 「いかにも」函館の新名物に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新たに開発された「いかにもソーセージ」=函館市で2016年10月5日、遠藤修平撮影
新たに開発された「いかにもソーセージ」=函館市で2016年10月5日、遠藤修平撮影

 北海道函館市の食肉卸・加工業「牛肉センター」が、特産のスルメイカ入りの「いかにもソーセージ」を開発した。11月から発売予定で、成田雄一社長(49)は「新しい名物にしたい」と意気込む。

 同社の職人が1本ずつ手作りしているが、開発ではイカの食感を残すために豚肉との割合に苦心。試作を数十回繰り返し、従業…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

あわせて読みたい

注目の特集