配偶者控除存続へ

専業主婦世帯に配慮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2017年度税制改正の焦点となっている配偶者控除の見直しで、政府・与党は、代替案の夫婦控除(夫婦なら一定の控除を適用)導入を先送りし、配偶者控除の適用拡大を検討する方針に転換した。安倍政権が掲げる「働き方改革」の柱として、女性の就労を妨げているとされる配偶者控除の廃止を探ったが、年明けの衆院解散が取りざたされる中、増税となる専業主婦世帯などの反発を招きかねないと判断したためだ。

この記事は有料記事です。

残り1802文字(全文1993文字)

あわせて読みたい

注目の特集