メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

田辺市立新庄中学校 昭和南海地震の記録発表へ /和歌山

昭和南海地震をテーマにした映像作品のナレーションや写真パネルづくりに取り組んだ生徒たち=和歌山県田辺市新庄町の市立新庄中で、野原隆撮影

映像作品にナレーション

 田辺市新庄町の市立新庄中学校の生徒会役員らが、昭和南海地震をテーマに製作された映像作品のナレーションや写真パネル作りに取り組んだ。作品は白浜町の紀州博物館学芸員の玉田伝一郎さん(58)が今年製作したもので、新庄村(現田辺市)の被災直後の写真や被災証言などで構成する17分の作品。写真パネルとともに11月20日に同校で開く「新庄地震学」発表会で披露される。

 玉田さんは紀南地方の古い映像や写真などの史料を収集し、さまざまな映像作品を作っている。昭和南海地震…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです