メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ベーシックワークという構想=中央大教授・宮本太郎

 雇用の拡大がいわれるが、正規雇用のハードルは高い。地域では長期にわたり仕事に就けない人が増大し、貧困率も高まっている。数年前にこの欄でベーシックワークについて触れたことがあるが、真面目に検討してもよいのではないか。すべての人に現金給付をするベーシックインカムではない。ベーシックワークは、自治体が働きたい市民に一定時間の就労を保障する仕組みである。

 最近ではイギリスの経済学者アンソニー・アトキンソンが、世界的な困窮の広がりに対する処方箋として提起している。社会保険料を納めていた人々を対象に、主に地域の公共サービスの分野において、最低賃金以上で週35時間程度の雇用保障をおこなう。アトキンソンは、所得を補完する限定的なベーシックインカムと併せての導入を提唱している。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです