メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

「他者との接続」試みる 現代美術家・金氏徹平(37)

化粧品の広告写真を使ったモビール作品(手前)などが展示されている金氏徹平の個展会場=香川県丸亀市の同市猪熊弦一郎現代美術館で

 フィギュアのおもちゃや化粧品の広告、包装紙……。京都市在住の現代美術家、金氏徹平(かねうじてっぺい)(37)は身の回りの素材を組み合わせ、新しい意味や文脈を紡ぎ出す。2009年、30歳で横浜美術館の個展を成功させるなど、そのコラージュ的手法は早くから注目されてきた。「僕の外で成立しているモノやコントロールできない何かを取り込むのが面白い」と語る。

 香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催中の個展「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」(11月6日ま…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1070文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです