メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

高級イヤホンは「音がオーラを纏ってる」新日本のレスラーYOSHI-HASHIがイヤホン専門店でマイベスト探し!

情報提供:GetNavi web

GetNavi web×新日本プロレス コラボ連載

YOSHI-HASHI VS earphone

オーディオに詳しくなりたいYOSHI-HASHI選手が自分にピッタリのイヤホンを選ぶ!

新日本プロレスのYOSHI-HASHI選手がイヤホン専門店、e☆イヤホンさんの協力で自分にぴったりのイヤホンを選ぶコラボ連載。第2回目の今回は、プライベートでもよく音楽を聴くというYOSHI-HASHI選手が、日常的に気軽に使えるモデルを探して試聴。数千円のモデルから30万円台のモデルまでをお試しした。もちろん、レスラーに限らず、誰もがいい音で楽しめるイヤホンばかりなので、ぜひモデル選びの参考にしてほしい。

【PROFILE】

20161008-s1 (7)

YOSHI-HASHI(ヨシ=ハシ)

少年時代からレスリングのキャリアを積み、アニマル浜口トレーニングジムでプロレスの基礎を学ぶ。07年2月の入門テストに合格し、新日本プロレスへ入門。08年7月、内藤哲也戦で念願のデビューを果たした。その後は、Jr.ヘビー級戦線に身を投じ、09年12月の大阪大会で、IWGP Jr.タッグ王座に初挑戦。2010年5月、「BEST OF THE SUPER Jr.XVII」に初エントリー。大ベテランのAKIRAから白星をあげた。「SUPER Jr.」最終戦で無期限のメキシコ遠征を表明。1年半に及ぶ海外遠征を経てヘビー級へ転向し、12年1月4日東京ドームで凱旋。髪を金髪に染め、YOSHI-HASHI の名で新日本プロレスのヒールユニット“CHAOS(ケイオス)”に入り、本格始動した。新必殺技は「カルマ」。天然キャラとしても知られ、「CHAOSの癒し系」と称されることも。

YOSHI-HASHI 選手のTwitterはコチラ

 

【ご協力頂いたお店】

e☆イヤホン秋葉原店

20161002-s4 (2)

国内外のあらゆる種類のイヤホン、ヘッドホンを扱う日本最大級の専門店。中古品も充実しているほか、アンプ・プレイヤーも豊富に用意している。断線ケーブルの修理やヘッドホンのカスタマイズにも対応。
住所:東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビル4F

 

就寝前には必ず音楽を聴く

ーーYOSHI-HASHI さんは、よく音楽を聴くほうですか?

 

YOSHI-HASHI はい。プライベートでもよく聴きますし、外出するときにはたいてい持ち歩いています。もともとイヤホンやヘッドホンには関心があって、最初は数千円くらいのものをお店で聴き比べて選んでいました。プレーヤーに付属のイヤホンから買い換えただけで音の数が増えて、聴こえ方がまるで違って驚きましたね。ヘッドホン好きの先輩や仲間の影響もあって、1万円くらいのモデルを使っていたこともあったのですが、すぐに壊してしまいまして。だから、ふだんは安価なものを選ぶことが多いです。今日も持ってきていますよ。あっ、ちょっとこんがらがってしまってますが(笑)。

20161008-s1 (1)

そんなYOSHI-HASHI 選手のために、e☆イヤホンの松田さんからアドバイス。イヤホンは無造作に鞄の中に放り込んでしまうとコードがからまってしまい、無理にほぐそうとして破損してしまうことが少なくない。丁寧にコードを巻いて束ねてキャリングケースに収納するようにすると良いそうだ。特にコードとイヤホン本体の接続部は断線しやすいので、気をつけるべきとのこと。松田さんの丁寧なイヤホンの扱い方のお手本を見て、YOSHI-HASHI選手は感心しながらもその扱い方を学んでいた。では、次にYOSHI-HASHI選手と音楽の接し方について聞いてみよう。

 

ーー よく音楽を聴くのはどんな時ですか?

 

YOSHI-HASHI 出掛けているときにもよく聴きますが、音楽を必ず聴くのは就寝前ですね。特に大きな試合の前日などは緊張して寝付けないこともあるので、何曲か音楽を聴いて眠るようにしています。また、自分一人になりたいとき、自分の世界に集中したいときには音楽が欠かせません。海外での修業時代もペンションを借りて住んでいたのですが、隣人がうるさくて寝付けなかったときや、周囲の雑音を遮断するためにイヤホンを付けていたこともあります。眠る前に音楽を聴くのはそのころからの習慣ですね。

 

まずは4000円台の2モデルを試聴

20161008-s1 (2)

では、いよいよイヤホン探しをスタート。家の中だけでなく、外出時に持ち歩くことも多いというYOSHI-HASHI選手のため、松田さんが案内したのはイヤホンのコーナー。耳の中にぴたりと収まってしまうイヤホンは持ち運ぶにもコンパクトで、邪魔になりにくい。人気なのは耳栓のように耳に押し込んで使う「カナル型」と呼ばれるタイプ。人気の高いタイプのイヤホンで、安価なモデルから高音質を追求した高級モデルまで幅広いモデルが揃っている。

20161008-s1 (8)

まず試してもらったのは、ZERO AUDIOのZH-DX201(参考価格 4374円)。手ごろな価格帯のモデルながらも、音質の良さ、コストパフォーマンスの高さで人気のモデルとのこと。カナル型のコンパクトなモデルだ。FRPとアルミを組み合わせた複合ハウジングを採用しており、カーボン調のデザインも高級感がある。

20161008-s1 (3)

YOSHI-HASHI こんなに小さいのに低音がよく出ますね。それにしても、イヤホンだけで随分と音が変わりますね。こうしていくつものイヤホンを聴き比べているだけでも面白いです。オフの日に一日中居て、たくさんのモデルを聴き比べたくなります。

 

20161008-s1 (11)

続いては、AuglamaourのR8シャンパンゴールド(参考価格4500円)。安価なモデルながらもメタル製ハウジングを採用し、コードも着脱可能となっているのでコードが断線したときでも容易に修理ができる。コードもツイストケーブルでからまりにくく、見た目もクール。耳に引っかけるタイプのイヤーフックも付属するので、外れにくいこともポイントだ。

20161008-s1 (4)

YOSHI-HASHI これは全然音が違いますね! 頭の中で広がる音からどこにどんな楽器があるのかがはっきりわかる。ステージの広さも感じとれます。見晴らしの良い景色を見ている感じで、気持ちの良い音です。

 

前回のスポーツ用イヤホンでも少し触れたが、YOSHI-HASHI選手はグラウンド勝負もあるプロレスラーの宿命で耳が変形しており、イヤホンによっては装着しづらくなっている。ゆえに、コードを耳に引っかけるタイプのモデルとは相性が良さそうだ。

 

入場曲を聴くとそのときの雰囲気まで蘇る!

20161008-s1 (10)

お次は高級イヤホンのコーナーにご案内。まずは、Ultimate EarsのUE Reference Remastered(参考価格12万9800円)。Ultimaete EarsとCapital Studiosがコラボしたモデルで、スタジオで録音した音源をそのまま聴くことを目的としたプロ用のモニターをベースとした本格派モデルだ。バランド・アーマチュアと呼ばれるドライバーを3個内蔵した3ウェイモデルで、独自に開発したTrue Tone Driverを採用。5Hz〜25kHzの広い周波数特性を実現し、さらに正確な音の再現を追求している。

 

YOSHI-HASHI うーん。なかなか高価なモデルで、触るのがちょっと心配になりますね。音はまさに原音そのものなんだろうな、という感じで、僕の入場曲の「HEAD HUNTER」は、実際に試合会場で曲が流れているときの雰囲気まで蘇ってくるような迫力があります。価格もなかなかですが、やはり出てくる音もかなりのものですね。

 

約35万円の高級イヤホンの音は「格が違う」

20161008-s1 (9)

さらに続いては、JH AUDIO のLayla? Universal Fit-THE SIREN SERIES(参考価格34万9980円)をお試し。こちらは、プロも愛用する業務用モニターの開発者としてカリスマ的な人気を誇るJerry HerveyのブランドであるJH AUDIOと、高音質なポータブルプレーヤーで知られるAstell&Kernがコラボした高性能イヤホン。イヤホンのボディはチタンでカーボプレートを組み合わせるという、制振性に優れた素材を贅沢に使用。ドライバーユニットは、高域×4、中域×4、低域×4の合計12個ものユニットを内蔵しているという。たくさんのユニットを使いながら時間軸と各帯域の位相を正確に制御することで、正確な音を再現。モニターイヤホンの理想を追求したモデルといえる。イヤホン好きで知られるフィギュアスケート選手、羽生結弦選手もJH AUDIOのモデルを所有しているとのウワサも。

20161008-s1 (6)

YOSHI-HASHI これは凄い! 音のダイレクト感というのかな、目の前で音が鳴っているような感触がありますね。生の音に近いリアルさもあるし、攻めこんでくるような押し出しの強さを感じます。

 

ーーお手ごろな価格のものから、かなり高額なモデルまで幅広く聴いてもらいましたが、感想はいかがですか? YOSHI-HASHI イヤホンやヘッドホンによって音が変わるというのは、よく知っていたつもりですが、実際に聴き比べてみるとそれ以上ですね。高級モデルの世界は同じ音とは思えないレベルです。プロレスラーの世界で言えば、格が違うという感じ。音に凄みというかオーラを纏っているような気がします。いやー、いい経験をさせてもらいました!

 

一見同じように見えても、モデルによって多彩な個性があるイヤホンの世界に本格的に触れて感心しきりのYOSHI-HASHI選手。そして、彼が最終的に選んだのは、AuglamaourのR8だ。Ultimaete EarsやJH AUDIOもかなり魅力的だったようだが、就寝前に使ったり、出掛けるときに持ち歩いたりすることを考えると、気軽に使えるモデルが良いのだとか。実際に購入することを考えたリアルな判断なのだろう。 YOSHI-HASHI 高級モデルを聴いた後では、それなりの差を感じますが、それでも4500円のモデルということを考えたら、こちらもスゴイ実力だと思いますね。コストパフォーマンスの高さでは抜群です。デザインもカッコイイですし、安っぽく見えないところも気に入りました!

20161008-s1 (5)

これで、YOSHI-HASHI選手がプライベートで使いたいイヤホンも決定!! プライベートではお気に入りのイヤホンでリラックスし、試合には万全の態勢で臨んでほしいものだ。さて、次回の第3回目は、遠征時のバス移動で使いたいヘッドホンを探していく。長距離のバス移動は音楽が不可欠で、一緒に移動するCHAOS(ケイオス)メンバーのほとんどがヘッドホンやイヤホンを使っているとか。こちらもぜひお楽しみに!

 

【大会情報】
KING OF PRO-WRESTLING
[キング オブ プロレスリング]
10/10(祝)@両国国技館
秋のビッグマッチ「KING OF PRO-WRESTLING」両国国技館大会決定! 毎年、名勝負が繰り広げられている歴史が動く“秋の両国”決戦を見逃すな!

WRESTLE KINGDOM 11
[レッスル キングダム 11]
2017/01/04(水)@東京ドーム
プロレス界最大のビッグイベント、通称イッテンヨンこと東京ドーム大会が開催決定! 年に一度の闘い詣に日本中からファンが集結する。

※最新情報は新日本プロレス オフィシャルサイト

 

撮影/石上 彰(gami写真事務所)

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです