メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

仏の決議案を8日採決へ 停戦と空爆停止 安保理

常任理事国のロシアが猛反発、拒否権発動か

 【ニューヨーク國枝すみれ】泥沼化するシリア情勢を巡り、国連安全保障理事会は8日午後3時(日本時間9日午前4時)、シリア北部アレッポでの即時空爆停止と軍用機の飛行禁止を主な内容とするフランスの決議案を採決にかける。しかし、常任理事国のロシアは猛反発しており、拒否権を発動するとみられる。

 フランスとスペインがまとめた決議案は、アレッポでの戦闘に関与する全ての国と武装組織に停戦と空爆停止…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです