コンゴ

「レイプが兵器」実情知って 実録映画公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答えるドニ・ムクウェゲ医師=東京都港区の笹川平和財団で2016年10月3日、西本勝撮影
インタビューに答えるドニ・ムクウェゲ医師=東京都港区の笹川平和財団で2016年10月3日、西本勝撮影

被害者治療する医師 第11回UNHCR難民映画祭で上映へ

 アフリカ中部・コンゴ民主共和国で長年、性暴力被害者を治療し、今年のノーベル平和賞候補に挙げられた婦人科医師、ドニ・ムクウェゲ氏(61)の人生を描いたドキュメンタリー映画「女を修理する男」が、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)主催の「第11回UNHCR難民映画祭」で上映される。上映は東京で15日、大阪で23日。東京都内でインタビューに応じたムクウェゲ氏は、携帯電話などに使われる希少金属タンタルなど紛争鉱物が性暴力被害につながっているとして「日本は人権侵害につながる紛争鉱物輸入などを規制してほしい」と訴えた。

 コンゴ東部は、1994年に起きた隣国ルワンダの大虐殺から逃れた武装勢力が入り込んで混乱。今も多数の武装勢力と政府軍との戦闘が続いており、兵士らによる性暴力が頻発している。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文1032文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集