メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンゴ

「レイプが兵器」実情知って 実録映画公開

インタビューに答えるドニ・ムクウェゲ医師=東京都港区の笹川平和財団で2016年10月3日、西本勝撮影

被害者治療する医師 第11回UNHCR難民映画祭で上映へ

 アフリカ中部・コンゴ民主共和国で長年、性暴力被害者を治療し、今年のノーベル平和賞候補に挙げられた婦人科医師、ドニ・ムクウェゲ氏(61)の人生を描いたドキュメンタリー映画「女を修理する男」が、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)主催の「第11回UNHCR難民映画祭」で上映される。上映は東京で15日、大阪で23日。東京都内でインタビューに応じたムクウェゲ氏は、携帯電話などに使われる希少金属タンタルなど紛争鉱物が性暴力被害につながっているとして「日本は人権侵害につながる紛争鉱物輸入などを規制してほしい」と訴えた。

 コンゴ東部は、1994年に起きた隣国ルワンダの大虐殺から逃れた武装勢力が入り込んで混乱。今も多数の…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1032文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです