メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口FG

指静脈認証システム導入

 山口、北九州、もみじ3行を傘下に置く山口フィナンシャルグループ(山口県下関市)は7日、指の静脈を使った生体認証技術で本人確認し、キャッシュカードの代わりに指を装置にかざすと窓口やATM(現金自動受払機)で取引が可能になる新システムを来春以降、順次導入すると発表した。指静脈認証だけすれば、手ぶらで取引ができるのは国内の銀行で初めてという。

 銀行側は顧客への本人確認の時間が短縮でき、顧客の利便性向上にもつながるメリットがある。山口、北九州両行は2017年4月ごろから半年程度かけて導入、もみじ銀は18年度からになる予定。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです