日弁連

死刑廃止を宣言…「国家による人権侵害」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
採択された死刑制度の廃止を目指す宣言の意義を説明する木村保夫・日本弁護士連合会副会長(左)=福井市で2016年10月7日午後6時1分、荒木涼子撮影
採択された死刑制度の廃止を目指す宣言の意義を説明する木村保夫・日本弁護士連合会副会長(左)=福井市で2016年10月7日午後6時1分、荒木涼子撮影

 日本弁護士連合会は7日、福井市で開かれた人権擁護大会で、「2020年までに死刑制度の廃止を目指し、終身刑の導入を検討する」とする宣言を採択した。日弁連が死刑制度の廃止を明確に打ち出すのは初めて。全国の弁護士が集まる同大会での宣言は日弁連の活動方針となる。死刑廃止を巡る議論や活動に影響を与えそうだ。

 採択されたのは「死刑制度の廃止を含む刑罰制度全体の改革を求める宣言」。提案理由で日弁連は「死刑制度は生命を剥奪する刑罰で国家による重大、深刻な人権侵害」と説明。死刑が確定した「袴田事件」の再審開始決定(検察側が即時抗告中)が14年3月に出され、元死刑囚が釈放されたことなどから「冤罪(え…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文735文字)

あわせて読みたい

ニュース特集