メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

コロンビア大統領に平和賞…内戦終結に尽力

ノーベル賞の公式ツイッターのツイートより

 【ロンドン矢野純一、サンパウロ朴鐘珠】ノルウェー・ノーベル賞委員会のフィーベ委員長は7日、2016年のノーベル平和賞を南米コロンビア内戦の和平合意に尽力したサントス大統領(65)に授与すると発表した。授賞理由として、サントス氏の「50年以上に及ぶ内戦終結に向けた断固たる努力」を挙げ、今回の賞は「平和への希望を捨てなかった国民や和平に貢献した全ての関係者、内戦の数え切れない犠牲者にささげられる」と強調した。

 コロンビア政府と左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)」は先月26日、和平合意に署名したが、今月…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  4. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです