メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学術会議総会

「軍事研究容認できぬ」…会員から声相次ぐ

 日本の科学者の代表機関「日本学術会議」は7日、東京都内で総会を開いた。学術会議は、戦後否定してきた軍事研究に対する姿勢を再検討する委員会を5月に設けて議論を始めている。検討委発足後初めてとなる総会では、会員から軍事研究を容認しないよう求める声が相次いだ。

 科学者が戦争協力した反省から、学術会議は1950年と67年に戦争目的と軍事目的の研究を否定する声明を決議した。

 だが、防衛省が公募で大学などの最先端研究に直接資金を出す制度を始めたことなどから、「安全保障と学術…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです