メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学術会議総会

「軍事研究容認できぬ」…会員から声相次ぐ

 日本の科学者の代表機関「日本学術会議」は7日、東京都内で総会を開いた。学術会議は、戦後否定してきた軍事研究に対する姿勢を再検討する委員会を5月に設けて議論を始めている。検討委発足後初めてとなる総会では、会員から軍事研究を容認しないよう求める声が相次いだ。

 科学者が戦争協力した反省から、学術会議は1950年と67年に戦争目的と軍事目的の研究を否定する声明を決議した。

 だが、防衛省が公募で大学などの最先端研究に直接資金を出す制度を始めたことなどから、「安全保障と学術に関する検討委員会」(15人)を設置。来春をめどに声明の見直しを含めた議論を続けている。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. JR東が終電繰り上げ、最大37分 来春、首都圏17路線

  3. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです