メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青年海外協力隊員

性同一性障害、初の公表

母校の北九州市立大で意気込みを語る永崎さん。通称名は「公のために志を持ちつつ、朗らかに生きる」決意を込めた=北九州市小倉南区で2016年9月28日、奥田伸一撮影

タイでエイズ感染者支援へ

 心と体の性別が一致しない性同一性障害(GID)の永崎公志朗さん(24)=鹿児島市=が来年1月、国際協力機構(JICA)青年海外協力隊の一員としてタイに赴任する。JICAによると、性的少数者と本人が公表した隊員の派遣は1965年の事業開始後初めて。今回の件を踏まえ、JICAは募集要項に性的少数者へ配慮することを新たに記した。永崎さんは「性的少数者が幅広く活動する契機になれば」と話している。【奥田伸一】

 永崎さんは女性として生まれたが、GIDに悩み、北九州市立大在学中から男性名を名乗っている。大学で国…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです