メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

薄井さんのシベリア抑留(その1) 華麗なバレエの陰に

 金糸に縁取られた長さ25メートルの赤い巻物は、大会議室でも広げきれなかった。ソ連の独裁者スターリンを礼賛する日本語の刺しゅうが、びっしりと縫い込まれている。第二次大戦後、シベリアに抑留された日本人たちが帰国前に製作したとされる「感謝状」だ。肌寒い4月末のモスクワ。ロシア国立軍事公文書館を訪れた薄井憲二さん(92)=京都市在住=は、かねて存在を知らされていた異様な巻物を初めて目にした。

 スターリンを「日本人民の最良の友」と呼び、「社会主義ソヴエート同盟(ソ連)こそ全世界人民の希望」と…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文856文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです