特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

高校野球

札幌第一が2年連続V 北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【札幌第一−札幌日大】優勝し、マウンドに集まって喜ぶ札幌第一の選手たち=札幌円山球場で2016年10月8日、手塚耕一郎撮影
【札幌第一−札幌日大】優勝し、マウンドに集まって喜ぶ札幌第一の選手たち=札幌円山球場で2016年10月8日、手塚耕一郎撮影

 高校野球地区大会は8日、北海道は決勝があり、札幌第一が効果的な長打攻勢で札幌日大に快勝し、2年連続2回目の優勝を飾った。札幌第一は明治神宮大会(来月11〜16日、神宮)の出場を決めた。

 東京が開幕し、1回戦3試合が行われた。

高い総合力

 主砲の役割をきっちり果たした。一回1死一、二塁で、札幌第一の4番・高階は2ストライクと追い込まれながら、浮いたスライダーを引っ張って右翼手の頭上を越す先制2点適時二塁打を放った。

 前の打者が送りバントを失敗していただけに、嫌なムードを振り払う一撃。相手の軟投派右腕・福内に対し、高階は「先攻なので一回のチャンスを生かしたかった。甘い変化球を狙っていた」と明かす。4番の先制打で打線も勢いづき、中盤で大量リードを奪った。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文633文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る