大津祭

国指定重要無形民俗文化財 きらびやか、曳山巡行 お祝いムード盛り上げ /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大津祭で古い街並みを巡行する西王母山。二階家の子供たちがちまきに飛びついていた=大津市内で、三村政司撮影
大津祭で古い街並みを巡行する西王母山。二階家の子供たちがちまきに飛びついていた=大津市内で、三村政司撮影

 9日にクライマックスの曳山(ひきやま)巡行を迎えた大津祭。国指定重要無形民俗文化財(国指定)となって初の開催とあって、大津市中心部は華やいだムードに包まれた。

 天気が心配されたが、午後からは晴れ間も。巡行経路にはカメラを手にした見物客らが集まり、各曳山が鉦(かね)や太鼓、笛の囃子(はやし)に合わせて自慢のからくりを披露する度に「おー」というどよめきや歓声、拍手が湧き起こった。

 この日は国指定を記念して、天孫神社と下百石町のみこし2基が50年ぶりにそろって渡御。中央大通りなどを練った。また、かつて神楽山を巡行させていた堅田町や、元禄年間に「ねりもの」(仮装行列)で使われた張り子の布袋を飾る新町も、厄よけのちまきを作るなどお祝いムードを盛り上げた。

この記事は有料記事です。

残り1248文字(全文1575文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集