メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目
質問なるほドリ

自衛隊、なぜ海外で活動?=回答・村尾哲

国際社会から要望 法整備進む

 なるほドリ どうして自衛隊(じえいたい)が海外で活動するの?

 記者 専守防衛(せんしゅぼうえい)の自衛隊が海外で活動することは長年タブー視され、法整備も進みませんでした。転機は1991年の湾岸戦争です。クウェートに侵攻したイラクに対し、米国を中心とする多国籍軍が攻撃しました。日本は計130億ドルの資金協力をしたものの、「金を出すだけで血も汗も流さない」と国際社会から批判され、人的貢献を求める意見が広がりました。戦争終結後には機雷除去(きらいじょきょ)のため、ペルシャ湾に海上自衛隊の掃海艇(そうかいてい)を派遣しました。これが初の海外派遣ですが自衛隊法…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです