メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

自衛隊、なぜ海外で活動?=回答・村尾哲

 なるほドリ どうして自衛隊(じえいたい)が海外で活動するの?

 記者 専守防衛(せんしゅぼうえい)の自衛隊が海外で活動することは長年タブー視され、法整備も進みませんでした。転機は1991年の湾岸戦争です。クウェートに侵攻したイラクに対し、米国を中心とする多国籍軍が攻撃しました。日本は計130億ドルの資金協力をしたものの、「金を出すだけで血も汗も流さない」と国際社会から批判され、人的貢献を求める意見が広がりました。戦争終結後には機雷除去(きらいじょきょ)のため、ペルシャ湾に海上自衛隊の掃海艇(そうかいてい)を派遣しました。これが初の海外派遣ですが自衛隊法を拡大解釈したとの批判も受け…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

  4. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです