メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・子育て・親子

七五三 メインは記念撮影

「こっち向いてー」と話しかけながら七五三の撮影をするスタッフたち=東京都中央区月島で

 晴れやかな着物に千歳(ちとせ)あめ−−。秋の伝統行事「七五三」シーズンがやってきた。写真館で撮影を済ませる「前撮り」は半年前の5月ごろから始まり、祖父母と3世代で撮影し、海外から七五三のために来日する家族もいる。家族の一大イベントになりつつある今時の七五三事情を取材した。

 ●帰国して伝統体験

 「カメラの丸いところを見てごらん」。おしゃれな1棟貸し切りハウススタジオ「ミチュール」(東京都中央区)の一室で、カメラマンたちが米国から来日した美紗・ウルフちゃん(3)に優しく声をかけていた。笑顔の瞬間を逃すまいと、「パシャッ」と小気味よいシャッター音が響く。

 スタジオマネジャーの冨岡涼さんは「海外赴任している家族が七五三のために一時帰国し、アルバムを作って帰るケースが増えた」と話す。母和子さんは「夫は米国人。日本の文化を子どもにも伝えたくて来た。母が手作りした着物を着て写真を撮った、幼い頃の思い出が今も印象強いので、娘にもすてきな思い出として残してあげたかった」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです