メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

短期手話教室 福岡県福津市・川本紀子(76歳)

 急に視力が落ちてきて眼科を受診、白内障の手術を勧められて入院することになった。4人部屋に案内されて荷物を整理しているうちに満室になった。

 しばらくして隣のベッドに入った方が1枚の紙を示しながらあいさつに来られた。その紙には「私は〇〇と申します。ろうあ者です。よろしくお願いします」と書いてあった。

 私がとっさに「川本と申します。よろしくお願いします」と手話で返事をすると驚き、そしてうれしそうな顔をされた。実は数年前、市の手話講座を受講したことがあり、少しだけ記憶に残って…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです