メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

善悪の定めつかない、責任感強い男の犯罪

 2001年の米同時多発テロ事件から15年が経(た)ちました。その間にアフガニスタン、イラク、リビア、さらにシリアへの空爆と、ほとんどひっきりなしに戦争が続いてきました。

 そんな時代のためでしょうか、アカデミー賞を受賞した「ハート・ロッカー」、このコラムでもご紹介したクリント・イーストウッド監督の「アメリカン・スナイパー」をはじめ、数多くの映画が戦争を題材に取り上げてきました。この「ある戦争」も、そのひとつ。アフガニスタンに派遣されたデンマーク軍部隊のお話です。

 村のまわりは、地雷でいっぱい。パトロールを続けつつ地雷除去にあたっていたところ、兵士のひとりが地雷…

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです