メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

「史上最も醜い討論会」 両候補、非難合戦 2回目

 【セントルイス(米中西部ミズーリ州)西田進一郎】米大統領選の民主党ヒラリー・クリントン候補(68)、共和党のドナルド・トランプ候補(70)による第2回テレビ討論会が9日午後(日本時間10日午前)、ミズーリ州のワシントン大学で行われた。女性蔑視と指摘されたトランプ氏のわいせつ発言などを巡って非難合戦を展開し、米メディアは「史上最も醜い討論会」(政治メディア「ポリティコ」)と報じた。 CNNテレビが討論会の勝者を聞いた緊急の世論調査では、クリントン氏が57%でトランプ氏の34%を上回り、初回に続く「勝利」。共和党内からはトランプ氏の大統領選撤退を望…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです