メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 クリントン氏リード拡大 トランプ氏に11ポイント差 米紙世論調査

 【セントルイス(米中西部ミズーリ州)西田進一郎】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルなどは10日、大統領選の共和党ドナルド・トランプ候補がわいせつで女性蔑視の発言をしていたことが公表された後に初めて行った世論調査結果を発表した。民主党のヒラリー・クリントン候補の支持率は46%で、トランプ氏の35%を大きく上回った。支持率差は前月調査の6ポイントから11ポイントに広がった。

 問題の発言は7日に公表され、トランプ氏は8日未明に「私は間違っていた。謝罪する」などとするビデオメ…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです