メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州大

iPS心筋、サル同士移植 ヒトへの応用期待 

 信州大は、サルのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心筋細胞を、心筋梗塞(こうそく)を発症した別のサルに移植し、心臓を修復させるという新たな心臓病治療法を開発したと発表した。こうした同じ動物間の同種移植で、心臓治療の成果を出したのは初めてという。10日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。

 研究を手がけた医学部の柴祐司准教授によると、免疫拒絶反応が起きにくいカニクイザルを使…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです