メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『貧困とセックス』『フランスはどう少子化を克服したか』

◆『貧困とセックス』中村淳彦、鈴木大介・著(イースト新書/税抜き861円)

◆『フランスはどう少子化を克服したか』高崎順子・著(新潮新書/税抜き740円)※10/15刊行

 活躍する女性たちの会に顔を出すことが多かったこのひと月。40代、50代、国際機関の役職者、起業家、議員、フォーブスの「米国で自力で成功した女性50人」として選ばれた、ただ一人の日本女性もいた。みな、パワフルで柔軟で、オープン。多くは海外に出ることが成功のきっかけだった。

 日本にある独特の空気は女性を萎縮させて、ハードルを幾重にも仕掛ける。そのハードルを飛び越えて、今笑顔でいる彼女たちの人生に触れると、この国の女性たちにも「Girls be ambitious」、どんなに跳んでも大丈夫だよと言いたくなる。でも彼女たちとて一人の力でハードルを越えた訳ではない。もともとの発射台も高いし、背中を押してくれる誰かがいたのだ。

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  2. 「高熱でも宿泊拒否できない」旅館業法 GoToは大丈夫か ホテル苦慮

  3. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. 近く、遠く タピオカミルクティーが無性に恋しかった 韓国隔離リポート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです