メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Interview

葉室麟さん(作家) 独自解釈で迫る三成像 徳川史観脱却した『津軽双花』

=根岸基弘撮影

 石田三成の娘・辰姫と、徳川家康の養女・満天(まて)姫−−二人の女性の生きる姿を描いて好評を博した作家、葉室麟さんの本紙連載小説『津軽双花』が講談社から刊行された。表題作の他に大坂の陣、関ケ原の戦いなどを描いた短編3編も収め、独自の解釈でそれぞれの人物像や出来事に切り込んだ意欲作となった。

  ■  ■

 最初に手がけたのは関ケ原に材を得た短編「孤狼なり」。ここで三成に着目したのがそもそものスタートだっ…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1126文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです