メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/131 ペンギン/8 /東京

「人工育雛」に着手

 飼育下のフェアリーペンギンは寿命が7、8年ほど。国内の飼育施設では、海外から入ってくる個体が途絶え、次第に高齢化が進むと、世代交代が進まなくなった。

 このため、葛西臨海水族園は2013年、親鳥が抱卵から巣立ちまでひなを育てる「自然育雛(いくすう)」と並行して、ふ卵器でかえしたひなを人が育てる「人工育雛」に着手した。飼育担当の山本達也さん(30)は「野生のペンギンを展示する時代ではないし、繁殖できる技術が無い国への輸出を認…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです