フェイス

演歌歌手・大月みやこさん /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
演歌歌手の大月みやこさん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、安田美香撮影
演歌歌手の大月みやこさん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、安田美香撮影

日本の心、歌でつなぐ

 しっとりとした和服姿でおなじみだが洋服もエレガントに着こなす。やわらかな気品の漂う人だ。

 3月に発売した「紅の傘」では「男の強さも弱さも受け入れるいじらしい女性」の心情を、美しい高音、伸びやかな声で歌い上げる。曲調はほんのりと温かい。「明るい歌は久しぶり。この人の全部が好き、ずっとそばにいたい、一緒に歩けて幸せ。そんな思いをファンの方にも共感していただけると思います」。カップリング曲の「手酌さのさ」はエレキギターのフレーズが印象的な粋な曲だ。

 歌い手として「言葉を正確に届けなくては」との思いがある。「言葉は生きている。メロディーに乗せたらどんなふうに響くのか、声の表情を自分なりに研究しています」

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文850文字)

あわせて読みたい

注目の特集