メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

忘れられる権利

 インターネット上に残る不都合な個人情報を検索できないよう求める「忘れられる権利」を巡る議論がグローバルな規模で活発になっている。ネットの普及で情報の発信や入手が容易になった半面、一たび拡散した情報の消去は困難を伴う。欧州連合(EU)を中心に法整備が進む中、日本における課題は何か。

ネットの特性踏まえ判断を 宮下紘・中央大准教授

 人は忘れるが、インターネットは忘れない。一度ネット上に個人情報が出てしまうと、ほぼ半永続的に残され…

この記事は有料記事です。

残り4302文字(全文4516文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです