メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

地場農産物をめぐる意識の変化=農業ジャーナリスト・青山浩子

 地元で生産され、流通する地場農産物の価値が見直されるようになった。かつてこれらを積極的に扱う農産物直売所では低価格を切り札にしていた。農協や卸売市場に販売を委託する流通と違い、農家自ら価格を決められるのにもかかわらず、野菜は軒並み100円という店が多かった。「田舎では安くないと売れない」という出荷農家のあきらめ、年金を受給している高齢農家や兼業農家には「採算がとれなくても売れればよし」という雰囲気があった。だが近年、価格より味や栽培方法などで勝負しようとする農家、価値に見合う価格をつけて売る直売所が目につくようになった。

 小中学校の給食食材に地場農産物を使う自治体も多い。産地を問わず価格を優先して調達する場合と比べ値段…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです