メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サントリーホール

役割と可能性語る 楽しさ響かせ30年

堤剛館長(右)と梅津時比古特別編集委員=東京都港区赤坂のサントリーホールで、根岸基弘撮影

 1986年10月、東京・赤坂の地に「クラシック音楽の殿堂」として、サントリーホールが誕生した。それから30年、人間なら「三十にして立つ」頃合いだ。社会が激動したこの年月、音楽ホールはどんな役割を担ってきたのか。チェリストで同ホール館長の堤剛さんと、梅津時比古・毎日新聞特別編集委員が、日本の音楽界の来し方と行く末を語り合った。【まとめ・斉藤希史子】

 −−まずは、音楽の魅力について伺います。本場・西洋で、音楽はどう位置づけられているのでしょう。

この記事は有料記事です。

残り3943文字(全文4166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです