メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

ロックバランシング 積み上げた石の美しさ追求

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「時間があればいくらでも作りたい」−−。自然の石を絶妙のバランスで積み上げるアート「ロックバランシング」。東京都立川市の会社員、石花ちとくさん(47)=活動名=は週末ずっと、石を触っている。河原の石を探しては拾い、積む。最後は壊す。いったい何が楽しいのだろう。

 小さな石の上に大きな石を乗せていくのが、王道だという。「何というかゾクッとした感覚が走るんですよ」。ごつごつした大小の石が転がる都内の多摩川の河川敷。石花さんは淡々と話した。

 7年前、大きな石で不思議な形を作り上げていく映像を外国で見た。「すごい」。1年ほどして、幼児だった次男を公園に連れて行ったとき、石ころを探して積んでみた。携帯電話で写真を撮り「面白い」と感じた。記憶に残る映像を調べ、ロックバランシングを知った。海外の愛好家が集まるフェイスブックに連絡をとったが日本人はおらず、「俺がやろう」と決意した。

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  5. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです