メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長寿リスク社会

介護保険新方式 全国調査から/上 軽度者、支え失う不安

ベテランヘルパーの小河原洋子さん(右)に食事を準備してもらう女性=東京都武蔵野市で、斎藤義彦撮影

 厚生労働省は12日、軽度(要介護1、2)の介護保険利用者に対する料理や掃除など「生活援助」について、事業者への報酬を減らす案を審議会に提示する見通しだ。より軽度の要支援1、2向けには既に、低報酬で無資格者も担う新サービス(総合事業)が導入されている。しかし毎日新聞の全国調査では事業所が低報酬サービスへの参入を見送り、無資格者の介護も低調な実態が明らかになっており、軽度者の受け皿がなくなる恐れがある。

この記事は有料記事です。

残り2132文字(全文2334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです