メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震・ふるさとよ

第4部/6 「宝物」が生んだ宝物

増永さんが「宝物」という看護実習生が作ってくれた編み物の道具=熊本県益城町で、福岡賢正撮影

 熊本県益城(ましき)町砥川(とがわ)の飯野仮設団地で暮らす増永道子さん(75)は4年前、筋肉腫で左腕を切断することになった。その手術の前に、毛糸で台所用たわしをたくさん編んで病室に持ち込んだ。

 「手ば切らにゃんなら、もう編まれんて思ちかる、みんなにやりよったつたい。そっで私についた学生さんが、手ば切って1週間ばかししてからインターネットで調べて作ってきてくれたつよ。『おばちゃん、これで編んでみらんね』て」

 そう言って増永さんが白いレジ袋から大事そうに取り出したのは、片手で編めるように、13本の竹箸を円筒…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文800文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 日露首脳会談 北方領土を非軍事化 安倍首相が提案
  5. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです