サンデー毎日訴訟

稲田防衛相側の控訴棄却 1審判決支持

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

大阪高裁「内容は真実で公益性もある」と認定

 稲田朋美防衛相が、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)を支持するようなサンデー毎日の記事で名誉を傷付けられたとして、発行元だった毎日新聞社に550万円の賠償を求めた訴訟で、大阪高裁(田中敦裁判長)は12日、記事の違法性を否定した1審・大阪地裁判決を支持し、稲田氏側の控訴を棄却する判決を言い渡した。

 記事は稲田氏が自民党政調会長だった2014年10月5日号に掲載された。稲田氏の資金管理団体が在特会の関係者8人から計約21万円の寄付を受けたことを示し、「在特会との近い距離が際立つ」と報じた。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文507文字)

あわせて読みたい

注目の特集