ドローン

水難救助できるか 実証実験 東京消防庁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
災害時を想定した実験で、おぼれている人に近づき、GPSがついた赤い浮輪を投下するドローン(左上)=東京都渋谷区の東京消防庁消防学校で2016年10月12日午前10時5分、北山夏帆撮影
災害時を想定した実験で、おぼれている人に近づき、GPSがついた赤い浮輪を投下するドローン(左上)=東京都渋谷区の東京消防庁消防学校で2016年10月12日午前10時5分、北山夏帆撮影

 東京消防庁は12日、小型無人機「ドローン」を使って水難救助ができるかどうかを確かめる実証実験を報道陣に公開した。ドローンは災害現場の捜索に活用されているが、実際の救助活動に使われた事例は少ないとみられ、同庁が実用化を目指している。

 東京都渋谷区の消防学校のプールで行われた実験では、溺れた人にドローンが近づ…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

あわせて読みたい

ニュース特集