比大統領来日へ

反米姿勢、政府内に困惑も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は11日、フィリピンのドゥテルテ大統領が25〜27日に来日すると発表した。6月の就任後初めてで、安倍晋三首相と会談するほか、天皇陛下と会見する。日本は中国の海洋進出もにらみ両国の安全保障協力を強化したい考えだが、大統領の暴言が相次ぎ、反米姿勢を強めるなか、日本政府内には困惑も広がっている。

 日本は東シナ海問題を抱えるだけに、これまではフィリピンや米国と連携して南シナ海問題で中国をけん制してきた。しかし、ドゥテルテ氏は大統領就任後、アキノ前政権下で…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集