メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 オバマ氏、応援に躍起 レガシー死守/クリントン氏、若者てこ入れ

ヒラリー・クリントン前国務長官の手を高々と掲げ応援するバラク・オバマ大統領=米南部ノースカロライナ州シャーロットで2016年7月5日、西田進一郎撮影

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向け、オバマ大統領の民主党、ヒラリー・クリントン候補(68)への選挙応援が、現職大統領としては異例の積極的なものになっている。オバマ氏は、自身の「レガシー(政治的遺産)」を壊すと主張する共和党のドナルド・トランプ候補(70)の当選を何としても防ぎたい。一方、クリントン氏にとっては弱点である若者層に人気があり高い支持率を誇るオバマ氏は強力な援軍で、双方の思惑が重なったようだ。

 「トランプ氏は大統領に必要な気質も、判断力も、知識も基本的な誠実さも持っていない」。オバマ氏は11…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです