メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺

大阪人だってだまされる 被害、過去最悪 「還付金型」急増、府警が危機感 過信禁物「まず相談」 /大阪

特殊詐欺の手口が書かれたチラシを配る一日警察署長の山口実香さん(右)=大阪市東淀川区の「イズミヤ上新庄店」で、道下寛子撮影

 大阪における振り込め詐欺など「特殊詐欺」の発生件数が、今年9月末で1195件に達し、過去最悪だった昨年を上回ったことが府警のまとめで分かった。被害額は約39億6000万円で、こちらも今月中に昨年を上回るのは確実な情勢になった。主因は、医療費や保険料が返ってくると偽る「還付金詐欺」の急増。府警幹部は「非常事態だ」と危機感をあらわにしている。【池田知広、戸上文恵】

 過去最悪だった昨年の被害は1170件、約41億4000万円。全国の被害は高水準ながらも減少傾向で、犯人グループが大阪の高齢者をターゲットにしている現状が浮き彫りになった。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです