メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 雪組「私立探偵ケイレブ・ハント」 50年代ロスの粋な物語 /兵庫

探偵事務所の所長を務めるケイレブ・ハント(早霧せいな)

 宝塚歌劇団雪組が宝塚大劇場で、ミュージカル「私立探偵ケイレブ・ハント」(作・演出、正塚晴彦)を上演している。仲間と力を合わせ、事件解決に挑む私立探偵の活躍や恋人との大人の恋を描く。20世紀半ばのアメリカ・ロサンゼルスを舞台に、粋で都会的な空気が漂う作品に仕上げた。【文・小寺裕子、釣田祐喜、写真・山田哲也】

 1950年代。探偵事務所で所長を務めるケイレブ・ハント(早霧せいな)は、探偵仲間のジム・クリード(望海風斗)らと高級住宅街のセレブたちの浮気調査やトラブル対応に奔走する日々を送っていた。スタイリストの恋人イヴォンヌ(咲妃みゆ)とは、良好な関係ながらお互いの生活を尊重し合い、新たな段階へ踏み出す機会を見いだせずにいた。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 藤井が2冠奪取 王位戦の「封じ手」3通、計2250万円で落札 第4局は1500万円

  5. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです