メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高松冬のまつり

今年で閉幕 事業仕分けで「廃止」対象に /香川

「高松冬のまつり」=同実行委提供

 高松市中心部の冬をイルミネーションで彩る恒例行事「高松冬のまつり」(実行委主催)が、今年12月で閉幕することが決まった。民主党政権下で全国的に実施された事業仕分けで「廃止」と位置付けられ、予算縮小やイベントによる誘客で存続を図ったが好転しなかった。30回目となる今年は12月22〜25日に開かれる。

 高松市などでつくる実行委によると、冬のまつりは同市番町1の中央…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです