メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
健康体操

「きゅうべえ音頭」に合わせ 松山東雲短大生、高齢者に考案 介護福祉専攻授業で取り組み /愛媛

高齢者と一緒に「きゅうべえ体操」をする松山東雲短大の学生たち=松山市で、黒川優撮影

 松山東雲短大(松山市桑原3)の2年生22人が、同市の古川地区で高齢者の健康を守るための取り組みを進めている。介護福祉専攻の必修授業「生活支援技術(予防)」の一環で、自分たちが考案した「ご当地健康体操」を一緒に楽しんだり、高齢者の体力を定期的に測定。担当する川中康子講師は「健康は行政に頼るだけでなく地域全体で守るものとの意識を、学生に身につけてほしい」と説明する。【黒川優】

 久兵衛(きゅうべえ)音頭で夏が来る 又(また)今年も夏が来る−−。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文980文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです